将来教育に活かしていく


 新しいものを考えて生み出し、起業し、ある程度成功していて、子供の将来を考えて育成まで手がける人というのは重要である。

 儲けばかりしか考えず、他人の将来まで平気で踏み潰すようなことをする組織やシステムばかりが多くなってきた現代において、こういう人物は重要である。

 こういう人物がいかにして、そういう人物に育ったのか。
 親、仲間、先生、本人に対して直接、面接・現地調査し、将来教育に活かしていくべきだ。

 自分の儲けや足元ばかり見ていては、この先何も育たない。