バックアップだけはやっとけ


【PC使って作業してる人!これだけは絶対やっとけ!】

  1. 外付けHDD2TB(USB3.0)を購入。(2016年8月現在、2TBか3TBくらいが値段が手頃で容量も充分かと思う)
  2. バックアップを自動でやってくれる無料ソフトを入手してミラーリングバックアップ!
    「PCが壊れてもこのデータだけは失うわけにはいかない」という自分が作ったデータや写真を購入した外付けHDDへ。
    個人的には「BunBackup」(Windows用)というフリーソフトがおすすめです。もう数年以上使ってますが、何一つトラブルなく使えています。
  3. デスクトップタイプのPCの場合、UPS(無停電電源装置)を購入して設置しましょう。
    停電によるデータの消失やPCの故障を防ぐためです。
    簡単に言うとこれはバッテリーなのですが、停電した瞬間にバッテリーに切り替えてくれます。
    で、そのバッテリーが電源を供給できる時間内に作業中のデータを保存して、PCの電源を切るためのものです。
    ノートPCのように長時間作業をするためのものではありませんので、そこの部分は勘違いしないように。あくまでも停電が起こった時に安全にデータを保存してPCをシャットダウンするための物です。
    個人的にはOMRON(オムロン)製がおすすめです。

 最低限この2つ(デスクトップは3つ)は早期に実行しておくべきです。


写真だけは「紙にプリントしとけ」っていつも言ってます。


消えたら困る大切な写真はとにかく「紙にプリントしとけ」。


デジタル化され、ケータイにカメラが当然のように搭載されるようになってから、たくさんの写真が撮られるようになりました。

が、デジタルデータは簡単にメールで送ったりコピーができる一方で、それらすべてが一瞬で消えてしまうこともあります。

どれだけたくさんの写真であろうとも、紙であればそんな簡単に消すことなんてできないような何千枚何万枚の写真であっても、ほんのちょっとのミスですべてが消えます。


500円でフォトブックにしてくれるサービス(送料無料)もあります。

スマホでよく写真を撮る人、デジカメで写真を撮る人、定期的にコンスタントにフォトブックサービスを利用して紙にプリントするようにして下さい。

くれぐれも大切なものをなくさないように。

データを保存してるスマホやSDカードやPC(HDD、SSD)も消耗品です。数年で壊れます。

すべてのデータが消えてしまう前に、貯まりすぎて面倒臭くなる前に、紙にプリントしとけ。