人は自分の感情や好みで


人は自分の感情や好みで他人を見て、どういう人なのかを判断する。

しかし仕事となると、他人に対する見方や判断基準を変更しなければならなくなる。仕事上必要なルールに則ってその人を見て判断することが求められる。

言葉にするとはっきりと切り替わっているように見える。しかしながら人は仕事とプライベートをきっちりと切り替えることができない。さらにその上、他人をうまく利用するためにプライベートでもまるで仕事のように自分ルールを作っていて相手を見て判断を下し利用しようとする人もいるので、必ずしも皆が仕事とプライベートで他人の見方を切り替えているとは言えない。こういうやり方が習慣化してしまった人は自分がそういうことをわざとしていることすら意識せずにやっている。