何の説明もなくいきなり仕様変更


 「説明不足」、「直感的に使いづらいUI」、「中途半端な出来上がり」、「何の説明もなくいきなり仕様変更・UIの大幅な変更」、新会社がこういったアプリやソフトを提供するならまだわかるが、大手の有名企業が最近はこれを連発する。
 異常である。
 異常。
 そう言う他ない。
 この先もっとひどくなるのだろうか。
 そんなことは想像でさえしたくないものだが、現実にそうなるなんてことは絶対に許したくない。



正直な話、「絶対に許したくない」とオレが言ったところで、どうすることもできないわけで。
そういう力なんて持ってない。

それは横へ置いといて、2015年に上の内容を書いたわけだけれど、その後Windowsの大型アップデートで何度もひどいことが起こったし、それに比べれば大したことではないけれどもGoogle+の終了のアナウンスが8月だったのが脆弱性の発見により4月に繰り上げられたり、つい最近ではpaypayというサービスのカード認証方法がザルすぎて、paypayを知らない人、スマホを持っていない人であってもクレジットカードの不正使用被害に遭う可能性があるというとんでもないことが起こっている。これはまだ数日前に始まったばかりで混乱の真っ最中だ。